趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*02*05 Sat
02:52

DREAM THEATER(ドリーム・シアター) 「AWAKE」


 プログレッシブ・ロック・・・先進的なロックミュージックという意味なんですが、
そういうジャンルがあるのです。

 1960年代に生まれた、”売れる事を意識せず”作られた軽音楽の総称とでも
申しましょうか。

 ロック史に残る名盤、「狂気」をリリースしたピンクフロイドもプログレッシブ・ロ
ックバンドです。

 というか、日本の音楽会社がこのフロイドのキャッチコピーに”プログレッシブ・
ロック”という言葉を考案し、ソレが全世界的に定着してしまったのが始まりらしい
です。

 そんなプログレのヘビメタ版・・・プログレッシブ・ヘビーメタルの雄、 

アウェイクアウェイク
(1994/10/10)
ドリーム・シアター

商品詳細を見る


 ドリーム・シアターの「アウェイク」です。

 ヘビメタは・・・映画のおかげで認知度と誤解が広がっているので説明の必要も
ない(?)のですが、プログレはやっぱり分かんないですよね^ ^;)

 はっきり申し上げて、あんまりしっかりした枠組みのないジャンルなんですよ。

 まあ、特徴としては、

 ①芸術性に富む(本人達はそういうつもり)。
 ②その当時の最先端の電子楽器を多用している。
 ③演奏技術的に技巧派である。
 ④アルバム全体で一作品と捉える傾向が強い(コンセプト・アルバムの要素が強い)。
 ⑤大作主義(曲がイチイチ長い)。
 ⑥曲の構成やリズム構成が複雑。
 ⑦独創的。
 ⑧あらゆるジャンルとミクスチャー。
 ⑨精神性・哲学までをも取り込もうと試みている。
 ⑩インストゥルメンタルの部分重視(ボーカルが少ない)。

 ぐらいで、この中のいくつかが当てはまるとプログレと呼ばれる”可能性がでてくる”という
なんとも曖昧なジャンル。

 僕が患っている膠原病って病気も、いくつかある特徴的な所見のうち数個当てはまると確
定・・・という病気なんで、そういう意味では似てますねw

 で、このドリーム・シアターはというと、メンバーのほとんどが音楽院出であるといえば想像
がつくでしょうか?

 技巧的には「出来ない事は無いんじゃないのか」と思える超絶振りで、僕が学生時代にバ
ンドでコピーしたときは「あぁ、僕には無理」と思い知らされましたからねぇ。
 個々の技術もとんでもないんですが、アンサンブルとして演奏で再現するのは至難の業で
したよ。

 曲の傾向としてはメンバーの入れ替わりによりその印象が変わっていって、特にこのアル
バムを境目として大きく変わっております。

 現在ではよりディープで複雑なマニア向けプログレ・ヘビメタになってしまって(?)いますが、
このアルバムまでは違い、
 
 ヘビーで複雑で技巧的でありながら、非常に聴きやすい。

 なんというのでしょうね・・・誤解を恐れずに言うならば、「ヘビーでポップでダンサブル」。

 演奏技術の高さゆえ、こ難しいことをやり続けていてもまったく気にならず(いかにも難しい
事やってますってバンドもありますよね)、そのセンスあるメロディーと曲展開と”ノリ”を存分
に味わうことができます。

 そういう意味でこのバンドのある時点での完成形がこの「アウェイク」なのだと思います。

 我ながら勝手な事言っていますが・・・。

 ちなみに初期のドリーム・シアターとしては、このアウェイクのひとつ前のアルバム、「イメージ
ズ・アンド・ワーズ
」が大ヒットしております。

 アウェイクよりもさらに聴きやすく流れるような透明感あふれるサウンドで、
コチラもお勧めですヨ。

 そうそう、最近(確か去年)オリジナルのメンバーであり主要メンバーのマイク・ポートノイが脱
退してしまい、今後どのような音楽性になっていくのか楽しみであり、ちょっと不安でもあります。

 そんな彼らの現時点での完成形なのかな?と思うアルバム「システマティック・ケイオス」。

 彼らの音楽性が詰まったアルバムであると同時に、プログレ・ヘビメタの現時点での形そのも
のだと思います。興味のある方は是非聴いてみてください♪♪

システマティック・ケイオスシステマティック・ケイオス
(2007/06/06)
ドリーム・シアター

商品詳細を見る

 余談ですが、脱退したマイク・ポートノイ。理由は、アルバムを作りたがっているメンバーに対
して自分はバンドを休止してちょっと別の活動をやりたいと思ったからだとか。

 その後思い直したのか、数ヵ月後にバンド復帰を打診したけれど、
代理人を通して断られたらしいですw
 

  

 

 
関連記事


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
○2011/02/05○
はじめまして。
二ート学生さんのブログから来ました。

>映画のおかげで認知度と誤解が…
クラウザーさんが、メタルのイメージに
与えた影響は大きいですよね…。


研究室にメタル好きな方がいるので、
実験部屋のBGMは、いつもメタルです。

それを聞いてから、
『メタルって、繊細で壮大で、オサレかもしんない』
そう思うようになりました。


ドリーム・シアター、聞いてみようかな。

[ 編集 ]
○2011/02/05○
らいかさん。はじめまして!

> 二ート学生さんのブログから来ました。

アノ記事ですなw

> 実験部屋のBGMは、いつもメタルです。

おぉっ!

> 『メタルって、繊細で壮大で、オサレかもしんない』

そうなんですよ~♪
メタル自体も幅の広い定義なので、ネオクラシックからパワー、
果てはデス・メタルまでいろんなのがありますよね。

> ドリーム・シアター、聞いてみようかな。

ぜひぜひ、聞いてみてください!
もしかしたら、その研究室の方がもってみえるかもしれませんね。

初期の傑作2作品、イメージズ・アンド・ワーズとアウェイクは
その曲調が、まるで”陽”と”陰”のような関係のアルバムです。

コメントありがとうございました^ ^
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
697位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。