趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*03*06 Sun
02:20

地デジの恩恵こんなトコにも・・・FUTABAの「4PL」買っちゃいました♪


 いや~久しぶりにラジコン関係で無駄遣いしちゃいましたよ。

 今時主流の2.4GHz送受信機セット。

 いまさら感がありますネ。ようやくの購入です♪

 2.4GHz・・・ラジコンに興味のない方や初心者の方には「だから?」と思われる
でしょうが、画期的なシステムなんです。

 しかも、テレビ放送のデジタル移行と関係の深いシステム。

 元々テレビ放送の地デジ移行の背景には無線周波数の飽和という由々しき事態が
あったわけです。なので無線電波を使う機器が増えすぎてしまって、足りなくなりそう
だから、今のうちにテレビ放送で使う周波数を上げて空きを作っておこうと。

 だから、地デジテレビののデータ通信は恩恵であって理由ではないんですね。

 それはさておき、空いた周波数帯は当然既存の無線機器関係に割りあてらるわけで、
無線操縦模型(ラジコン)もその恩恵を受けることとなりました。

 それまで使われていた無線方式であるAMとFMの二種は近い周波数同士が混信し易く、
割り当てられている周波数帯を混信の恐れのない程度に分割すると各々でせいぜい十数
程度しか分けられない。

 つまり、同時に走行(飛行)させられるのはそれが限界であったわけです。

 同時に、サーキットなどで走行させる場合も駐車場などで走行させる場合も、同じ周波数
(の中の、先に書いた分割されたポイントを"バンド"と呼びます)の方がいた場合は待ってい
なければならなかったんですよ。混信すれば即ノーコンですから。

 それがですね、2.4GHzでは解決してしまうんです。

 送信機と受信機を"ペアリング"させると勝手に空いている周波数を見つけ出して
くれるのです。

 しかも、理論上はたしか数十台の同時走行が可能だとか・・・。

 ショップの店員さんに聞いたら、未だ初心者の方はAM方式を買っていかれる
(安いので)らしいのですが、初期投資として他のもののグレードを落としてでも
コチラを選んだ方がいいのではないかと、僕は思います。

 駐車場とかで知らない相手にバンドを聞くって、結構勇気が要りますからね。

 ラジコン関係の方って以外にコワモテの方が多いですし(話してみるといい人
なんですけどね)。

 で、ラジコン再開にあたり、欲しくてしょうがなかったんですが我慢してました。

 そんなに入れ込んでるわけでもないし、ねぇ・・・。

 でも、嫁さんが3DS買ったのをいい機会(言い訳?)に買っちゃいました^^


 僕は、ラジコン始めた頃からFutaba派なので、買ったのはこちら。

DSCF0303110304convert.jpg 

「4PL-2.4G」のWレシーバーセットです。

 DSCF0304110304convert.jpg

この「R2104GF」というのは4PL専用なんですって。

内容物は、

DSCF0305110304convert.jpg 本体♪

 と、

DSCF0309110304convert.jpg 

これだけ。本体と受信機(×2)とアンプ非搭載用のスイッチ付バッテリーコネクター
と、お約束の調整用プラドライバー。

DSCF0306110304convert.jpg  DSCF0307110304convert.jpg  DSCF0308110304convert.jpg

 左は液晶画面部分です。なかなか大きくて見やすそうです。まだ電源投入していない
ので不明なんですが、設定値の表記を日本語に出来るとか出来ないとか・・・。

 真ん中は充電式バッテリーを使用した場合の充電用コネクタの接合部と、その右の四
角いコネクターはフタバ製アンプ接続する為のもの。
 この送信機でデータの書き換えが出来るようです。

 右は電池ボックス。ナント乾電池4本で作動するみたいですね!今まで(AM・FM)の半分
ですよ。こりゃ~財布に優しい^^

 で、2.4GHzの一番の特徴といえば・・・

DSCF0312110304convert.jpg こんなに違うんですね^^;

アンテナの長さの違いっ!!

 左が今回買った4PL。右は今まで主に使っていたFM方式の3PM。

 ぜんっぜん違いますね。このアンテナって結構ジャマだったので、これはスバラシイ!

 当然受信機側のアンテナ線も短い為、ボディーからの出っ張りもほとんどない状態に
できそうです。

 ボディーにリアリティーを求めてみえる方たちにとっても必需品ですね、2.4GHz。

 ちなみに、今回のシステム搭載予定車はコチラの二台。

DSCF0313110304convert.jpg 時代遅れ・・・かな?!

どちらもタミヤ模型のもので、右がツーリングカーの"TA05"、左が4WDバギーの
"DF03”です。

 どちらもほぼノーマル。TA05の方はTRFダンパーと・・・あとなんだっけ?

 あっ、モーターがGTチューンでヒートシンクがついてるぐらいかな・・・。

 そのままでもよく走りますし、セッティング幅が広いので結構遊べます。よく出来た
シャーシですよ。

 それと、ボディーはエッソ・ウルトラフロースープラなんですが、色が違います。

 DF03の方はスリッパークラッチ以外はほんとノーマルです。

 おっと、モーターが違ってた。ダートチューンになってます。

 あと、ボディーは「エコカラー・キーンホーク」です。

 なんか・・・ちょっと目を離しているうちにこの二台も時代遅れになりつつありますねぇ。

 TL01にこだわり過ぎたのがいけなかったんでしょうねぇ・・・。



 最後に、主役の座を譲ることとなった3PMの雄姿を!!

DSCF0311110304convert.jpg かっこいいっ!!

 あぁ、こっちの方がかっこよくて好きなんだけどなあ。

 この3PMの2.4Ghz版ってのが売ってたらしいんですが、カタログ落ちしてしまった
そうです。

 要するにミドルクラス送信機が3PMから4PLに移行した形になるんですね。

 3PMの3は3チャンネルの3。なので4PLは4チャンネル。

 果たして、使いこなせるのか・・・・。


タミヤRCパーフェクトガイド2011 (学研ムック)タミヤRCパーフェクトガイド2011 (学研ムック)
(2010/12/17)
ル・ボラン別冊編集部

商品詳細を見る

そういえば、同じように2.4GHz帯を使用できるようになったものの1つ、 
2.4Gワイヤレスレーザーマウス MA-LSW10 シルバーS 【全品全国送料無料】
高性能レーザーエンジン搭載!横スクロールマウス。
5,943円
ワイアレス・マウスですね。

今時はヨコスクスロールまでできるんですね~。便利そう^^


関連記事


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
788位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。