趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2010*11*26 Fri
00:41

「ノルウェイの森」 ビートルズと村上春樹


 「ノルウェイの森」、ご存知だろうか?僕が出会ったのはかれこれ何年前になるのだか・・・。
実は僕、幼少の頃(”頃から”でないとこがミソ。まったく練習しないまま止めたくちw)ピアノを
習っておりまして、多少影響を受けたのか、ピアノのアレンジが好きだったりするんですよ。
 初めてであったとき、ジャズピアノアレンジされたこの曲がビートルズのものとも知らず、と
ても気に入ってしまったのを今でもよく覚えています。確か小学生のとき・・・。
 それからしばらくたったある日、父親の部屋で村上春樹の同名小説を見つけまして。当時父
は国語の教師をしていましたので、文学モノからこういった話題のベストセラーまで色々な書
籍が身近にあり、よくこっそり忍び込んで(そして持ち出し)読みふけっていたものです。
 そんな折、このタイトルが実はビートルズの曲からとったものだと教えられ、友人から収録
アルバムを借りて聴いたところ、
               こっ、これは!!!
となったわけです。まさしくあの曲でした。アレンジはかなり違っていましたけどすぐに
思い出しましたよ。

 ザ・ビートルズ オリジナル・アルバム「ラバー・ソウル」収録「ノルウェーの森」
  ※原題「Norwegian Wood(This Bird Has Flown)」

ラバー・ソウル
ラバー・ソウル

(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

Amazonで商品詳細を見る

このアルバムには他にも「イン・マイ・ライフ」なんてレノン・マッカートニー共作の名曲も入って
いますが、僕はノルウェーの森しか聴いてません(^  ^;)
 この曲、モード(協会旋法ってやつ)が巧みに(分かりやすく、かな)使われていたりメインメロ
ディーにシタール(インドの楽器)が使われていたりして面白いのですが、なんと言ってもジョン
の書いた詩がね~。
 簡単に書くと、「逆ナンされてヤラせてくれそーだったから、女の家に行ったけどお預けくらって
バスルームで寝る羽目になりました」って歌詞。そこにポールが「だから腹いせに部屋にあった
安モン家具に火ぃつけたったわ」と付け加えて完成。あ~ぁ・・・ですね。
 ちなみに邦題の「ノルウェーの森」ですが、基本的にWoodが単数形のため誤訳です。ですが、
女性を鳥にたとえていることや、当時イギリスでは北欧産の安物家具が流通しており、あまり裕
福じゃない女性の部屋がNorwegianWood(安物の木材)で満たされた森であったと理解すれば
「ノルウェーの森」は間違いではないのでしょうね。ポールもインタビューでそんなこと言ってたら
しいです。
 正直僕はビートルズはあまり聴かなくって、なのにオススメするのもどうかと思ったのですが、
この曲はビートルズへの僕の食わず嫌いを多少なりとも矯正してくれた、大切な一曲なので。

 ちなみに村上春樹の「ノルウェイの森」、映画化されたようですね。先日近くのショッピングモ
ールへ買い物に行ったら、看板がありました。それまで知りませんでしたわ。
 この作品は賛否両論はげしいようで、特に所謂「文学通」の方々にはウケがよろしくないと。た
しかに深みにかけていたり、主人公を(というか登場人物のほとんどを)好きになれない小説(w)
なので、ダメな人はダメなんでしょう。でもね、僕は好きです
 人間的な生き生きとした感情を失っている登場人物たちの中、強烈な「生」の存在に主人公は
過去救われたのですが、そうした”回想”によって主人公が得た真実はあまりにも悲しい「取り返
しのつかない事実」であったわけで、過去となってしまった”今”という時間のなかで、理解できて
いたのは物事の一面でしかなかったのだと気づくのです。
 物語を通して露骨な性描写が多いのですが、そこには喜びや満足感はなく、登場人物は基本
的に主人公である回想している「僕」からしか繋がっていません。ナゼか?そこに人の本質が見
える気がしてなりません。
 そうそう、主人公が回想に入るきっかけが上でご紹介した「ノルウェーの森」なんですよね・・・。
そのあたりも当時中学生から高校生への過度期だった僕には強烈な心の穴となりました。
 
 長編なので大変ですが、ビートルズともども
           おきに召したら秋の夜長にあなたもいかが?

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る

 


ノルウェイの森 下 (講談社文庫)





ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る

「見る」「読む」「聴く」

全てが楽しい音楽ダウンロードサイト

『OnGen USEN MUSIC SERVER』




関連記事


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
788位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。