趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*07*24 Sun
23:55

家庭菜園…えーと…#4ですね?!


本日正午を持ちまして、TV放送がアナログからデジタルに移行いたし
ましたね(*^^*)

対して恩恵はないだとか、政府の発表した地デジ未対応世帯数は
嘘だとか、色々と憶測は飛び交っておりますが、相変わらず政府
の対応の悪さは見え隠れしているようです。

まあ、こういうのは今の政府の醜態ってよりも、今までの政府が
今更フォローしきれないくらいいい加減なことばかりでごまかし
てきた証明のようなものだと、僕は解釈してますけどね。

なんにせよ、もう少しちゃんとしてもらいたいもんです( ̄^ ̄)ゞ



それはさておき、我が家庭菜園ですが、現状は…



こんな様子♪

一杯花も付いてきて、収穫が楽しみっ♪

…なんて、甘かったです。

これ、見てください。



蕾がいっぱいでしょう?

なんですが、全部雄花なんですよ(; ̄O ̄)

こういう事は珍しくはないそうで、逆に雌花ばかりになることも
あるようです。

日照とか水の量とか密集度とか…原因は様々らしいのですが、
どれもそう簡単に改善し難いものばかり…(ーー;)

そう思っていたら、どうも摘心すると良いらしいですね。

摘心ってのは、伸びているツルの先端を摘み取ってしまうことらしい
んですが、本来はそれをすることで横にツルを伸ばさせるのが目的の
ものらしいです。

二葉の組み合わせ9対分ぐらいのところでやるのが良かったらしい。

そうすることで子ツルが伸びて、さらにその子ツルも同じ様に摘心
することで、更に孫ツルの成長を促すのだそうです。

うまく摘心されたゴーヤは通常の三倍近く収穫があるとかないとか…。

まあ、今更そんなこと言ってても仕方ないので、とりあえず
摘心することで雌花の開花を促すことにもなるのだという記述を
信じて、大雑把に、そして大胆に摘心してやりました(^O^)/



これはその残骸です(^_^;)

効果があると良いのですが。

僕の周りではあまりこういった事例は聞かないんですけどね~。

なんでウチは雄花ばかりになっちゃったんでしょう?!


ちなみに、雌花と雄花の見分け方ですが、簡単です。

雌花は花の根元にトゲトゲのゴーヤのミニチュアみたいなのが花の
咲いている時点で確認出来ます。

なんも付いてなくって、触ると簡単に根元から取れてしまうのは
雄花です。

そうして、根元からポロっと取れた雄花を雌花に擦り付ける様にして
人工受粉させるわけですね。

まあ、うちの場合は雌花がないので出来ませんけど…(^_^;)

大抵は暫くすると雌花も咲いて来るらしいのですが、今度は雌花
ばかりになったりして…まさかね。

とはいえ、このまま雄花ばかりだったらどうしようヽ(;▽;)ノ


今日は摘心のついでってわけでもないなですが、、三回目の肥料
追加もしておきました。

早くゴーヤ食わせてくれ~!!

つーか、無事に実を付けてくれ~( ´Д`)y━・~~
関連記事


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
342位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。