趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2013*03*24 Sun
21:39

花粉症対策・・・?!


  嫁さんは酷い花粉症で、僕は酷い免疫疾患と軽度の花粉症。

 んで、やっぱし娘も花粉症になりました・・・ってのはこないだ書きました。


 あれから目薬が欠かせない娘チンですが、顔が真っ赤になってるの見ると
やはり切ないですなぁ・・・


 少しでも症状が緩和すればということで、ヨーグルトがいいらしいとどこかで
聞いて来た嫁さんが毎日朝ご飯にヨーグルトを食べさせてます。


 ただ、何でいいのか?は知らないそうです(^^;)


 花粉症も免疫系等の暴走(出は無いですが)というところでSLEやクローン病と
似たようなトコあるみたいです。


 ヒトの体は外部からの異物に対して攻撃をします。

 コレが免疫系の働きなんですが、花粉症は花粉に対して、SLEは自身の細胞核
に対して、クローン病は・・・長から吸収する色々(主に蛋白質らしい)に過剰に反応
し攻撃することで色々な症状を起こすんですね。
 
 各種アレルギーもそういうモンみたいです。


 SLEは自己免疫疾患ですのでその原因を完全に除去することは出来ないんで
しょうけど、花粉症は花粉なんで何とかならんのでしょうか?


 ちなみに花粉症じゃなかったヒトが突然花粉症になるのは、その人の持っている
許容量を越えた花粉を吸引した為だそうですね。


 免疫系統の攻撃というのは直接的ではありません。

 どういうことかといいますと、攻撃をする細胞はどれが攻撃するべき異物であるか
判別が付かないんです。なので、基本的には攻撃しません。

 体外から入ってきた異物に対して免疫系統のある細胞が反応し、結合します。

 これが抗原です。

 そして、キラー細胞などの攻撃を受けもつ細胞はこの抗原を攻撃対象とします。


 例えばSLEならば自己の細胞核が抗原となり攻撃されます。

 クローン病なら壊れた腸壁より未消化の蛋白質が取り込まれ、コレが抗原と
なります。

 花粉症ならば、花粉が抗原になるわけですね。


 抗原に対して攻撃が盛んに行われると、周りの組織が巻き添えを食って(表現が
的確ではないと思いますが・・・)炎症を起こします。


 んでま、いろんな症状を起こすんですね。


 なんでね、花粉症って普通に生活を送ってたら不可避なのかなって思ったり・・・

 食事とかで予防は難しく、ほんとの意味での予防は花粉症になる前からできるだけ
花粉を吸い込まないように外出する時はマスク着用とか・・・

 そんなヒト中々いませんよね^^;

 花粉症にならなきゃね・・・


 でも、なっちゃった以上、少しでも症状を緩和したい。

 で、食事内容です。


 ヨーグルトは乳酸菌やらの働きで整腸作用があります。

 腸の粘膜が整えられます。

 すると体中の粘膜にも効果あるそうです。

 もちろん鼻や喉の粘膜にも・・・です。


 後は抗酸化作用の強い食品もいいらしいです。

 最近話題のポリフェノールも良いようですが、こういった成分名だけ書かれても
たいして心に響きませんね。

 緑茶とかいいでしょうね。摂取しやすいですから。

 あとは、青魚に含まれる成分も良いそうです。

 いわしとか・・・今ならさばでしょうか。


 逆に避けた方がいい食べ物は体を冷やす食べ物。

 あまい食べ物。

 あとは、高蛋白・高脂肪の食事・・・


 ここいら辺はクローン病と似てますね。


 僕と同じ食事をしてりゃ、娘チンも嫁さんももう少しマシになるんでしょうけど、
まあ我慢できんでしょうね^^;

 こんな食事ばかりはかわいそうですし・・・


 ほいで、結論を言いますと、花粉症を緩和させたかったら和食にしなさい。

 そういうことですョ。

 
 要するに難しいこと考えたり読んだりしなくても、普通に健康的と思われる食事を
意識して摂るようにしてればよいということになりますよね。


 ちなみに、科学物質もよくないので、添加物は避けた方が良いです。

 今の世の中では難しいことですが・・・


 ハムとかにも多く含まれる添加物ですが、意外なところでは小麦粉とか。

 日本は小麦消費のほとんどを輸出に頼っていますが、食品としての安全性を保った
まま長旅に堪える為には防腐剤などが不可欠らしく、その使用は認可されております。

 なので、パンとかも科学物質云々の対象となるんですよね・・・

 これ、僕は盲点だったというか以外でしたね。

 言われてみたら、「あっそうか」でしたけど。


 つまりは、基本的な和食の手料理。

 コレですョ。

 万能薬ですね。


 花粉症にも効きますし、年頃の男子にも効きます。


 イチコロです。

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえず
この料理さえ作れれば)

(2000/02)
不明

商品詳細を見る


基本の和食 (パート2) (オレンジページブックス―さらに料理を知りたいときに)基本の和食 (パート2) (オレンジページブックス―さら
に料理を知りたいときに)

(2001/06)
不明

商品詳細を見る


 がんばって☆(なんのこっちゃ・・・)


関連記事


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
791位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。