趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*01*27 Thu
01:28

F300EXRのぼかしコントロールってヤツですが・・・。


 カメラについている「絞り」ってヤツ。もちろんレンズに入ってくる光の量を制限する為に
あるのですが、実はそれだけではありません。

 「被写界深度」って言うものに深く関係しているのです。

 まあ、実際はそれだけではないんですが、わかり易くて効果的なのっていうとコレ。

 被写界深度というのは実際にピントの合う深さのことで、たとえばカメラのレンズから
3メートルの距離にある被写体にピントを合わせたとします。すると、実際にはその前後
数十センチ~数メートルの範囲はピントがあっている状態になるのです。この距離を被
写界深度といいます。

 広角になればなるほど深く、望遠になると浅くなる。

 また同じレンズでも、絞りを絞るほど深く、逆に開放では浅くなります。

 この特性を利用することによって、広角レンズで絞りを絞れば”パンフォーカス(手前数
メートル~無限遠までピントが合っていること)”が実現しますし、花などを撮影する際は
絞りをあけて背景をぼかす事が可能になります。

 写真表現の1つの手段ですね。

 ところがコンデジってのは、絞りとフィルターを併用して入ってくる光の量をコントロール
しているため、絞ってもあけてもボケ方に大差ないんですよ。

 そこを補う為に、フジのF300EXRには「ぼかしコントロール」なる機能がついております。

 簡単にいますと、絞りを開けて撮影したかのように背景をぼかす機能。

 一回のシャッターで最大で三枚を少しずつピントをずらしながら撮影し、合成することにより
背景のボケ具合を強調するんですね。デジカメならではの力技ですが、説明を読む分には
理にかなった機能です。

 ボケ具合は三段階から選べるようになっていて、せっかくなので”3”で撮影してみました。

 まずはノーマル。EXRオート「高感度低ノイズ優先」。曇り空。
DSCF01501101122convert.jpg 

続いて、「ぼかしコントロール 3」。その他は同じ。
DSCF01511101122convert.jpg 

ごめんなさい。被写体との距離が微妙に変わってしまっている為、分かりにくいですね。

ただ、2枚目の写真の被写界深度が極端に浅くなっているのは分かると思います。

 もう少しちゃんと画作りすれば充分効果的に使える機能だとは思います。が、

 若干、不自然かな・・・

 と僕は感じました。なんとなくですが。

 一番強い”3”で撮影しましたからね・・・こういうのはやり過ぎになるくらい効果があった方が
使えたりするんで、もう少し色々撮影してみないとなんともいえませんけどね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その昔、カメラのレンズには「開放から2段絞ったときが一番おいしい」みたいな話が
つきものでした。

 まあコレについては今でも同じなのかも知れませんが、昔の・・・というかいわゆるレ
トロ・カメラのレンズというのは、開放(絞り全開)では眠た~い写真になってしまってい
たんですよ。今の基準からすれば、開放では使えない。

 それが一段絞るごとにシャープネス、コントラストそして発色がよくなっていき、あると
ころで最高の性能を発揮するといわれていたのです。

 「ズミクロンのFナニナニ」がいいとかって・・・オカルトまがいの話もたくさんありましたが、
事実昔のレンズはそういうものでした。

 今と違って設計は人間がやってましたし、手磨きだったらしいですし、何より表面のコー
ティングがよくない・・・というか、してない。

 それに比べたら今時のコンデジについているレンズなんてとんでもなく高性能なんですよ。

 でもね、そんな今時のレンズでも太刀打ちできない”味”ってヤツをもったレンズがたくさん
あったのも、事実。

  その中でも「ライカ ヘクトール50ミリ」なんていかがでしょう?

 よりによってそれかいっ!!

 そう思ったあなた。一度ゆっくりコーヒーでも飲みたいですね。

 

↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*

2011*01*25 Tue
23:43

フジ FINEPIX F300EXR 純正ケースのあれこれ


 以前コチラの記事で書きました、F300EXRの純正速写ケース

FUJIFILM FinePix デジタルカメラ用ソフトケース ブラックSC-D20 F SC-D20BK

について、買おうかどうしようか迷っているという方が結構みえるようなので、僕なり
のレヴューを書いてみようと思います。

 といっても、フジのコンデジ・フラグシップ機の純正ケースとしてどうとか、
そういう野暮な事は書く気ないので、実際どうなのかってことだけ。

CA3F0001110110convert.jpg  CA3F0002110110convert.jpg  CA3F0003110110convert.jpg   
CA3F00011101122convert.jpg 

 外観についてはもう完全にレトロカメラの世界です。匂いも、レトロカメラのケースと
おんなじ匂いがしますw

 ただし、入るのがデジカメなので当然背面には液晶用に開口部があり(上・右の写真)、
そのためにサイドのフィット感がイマイチなのが残念ですが、僕はかっこいいと思います。

DSCF01681101122convert.jpg 

 開口部の大きさのわりにとてもしっかり感があるのは、ケース自体の厚みがこれだけ
あるから。僕が持っているペンタックスSP(ちょいレトロな一眼レフ)の純正ケースなんか
より分厚くてしっかりした造りだと感じました。 

今時のデジカメケースは防水機能やクッション材が工夫されていて、ちょっとやそっとの
事で中身が壊れたりはしないのでしょうが、こういった速写ケースというものはその使用
目的上、そこまでの機能をもたせることが出来ません。

ですが写真のようにしっかりした厚みと、

DSCF01691101122convert.jpg 

内部一面にはフエルト状の保護があり、ちょいとぶつけたりした位では傷ついたり壊れたり
はしないでしょう。

商品名では「ソフトケース」とは言ってますが、結構硬いんですよ。


DSCF01721101122convert.jpg 

コーナーの縫製部のアップ。わざと粗が目立つ撮り方をしています。

今時のこの手の”趣味的”商品の割にはよく出来ているとは思いますが、お世辞にも丁寧な
縫製とはいえない気がします。

が、実物はさほど気になりません。実際は真っ黒ですしね。

ちなみに、

DSCF01731101122convert.jpg 中国製

まあ、今時こんなこと気にしていたら何も買えませんけどね^ ^;


カメラ無しの単体写真がこちら。

DSCF01641101122convert.jpg 

何かがおかしいのに気付かれましたか?


わかんない?


じゃぁ、ヒント。

DSCF01621101122convert.jpg  と DSCF01631101122convert.jpg 

コレ見て、どうでしょう?


 そうなんです。ケースと肩ヒモの結合部が、携帯とかデジカメ本体に直接つける
ストラップとおんなじ形式なんですよ。

 なんで? これ、なんで?? ねぇフジさん、おかしいでしょ、こんなのっ!!


 昔のカメラはこのように、

DSCF01741101122convert.jpg同じフジのST801

カメラ本体に肩ヒモを取り付けるための金具を取り付けできるようになっていて、速写
ケースにカメラを収めるとこの部分だけ露出するようになっていたんですよね。

 デジカメでそれはムリ(というか、ジャマ)だと思うし、そんなことして欲しくないけど、
金具と肩ヒモの結合はこのままでよかったんじゃないの?

 とはいえ、この”ストラップ式”結合法にも利点はあってですね、結合部が細くなって
いるおかげで自由に動き、撮影時に邪魔になることがないんですよ。

 でも個人的には気に入らないから、この部分はその内作り変えようと思ってますけどね。


 この速写ケース、実際の使用感としては、充分に速写性を備えています!

 以前書いたとおり、カバーの固定にマグネットを使用しているので撮りたい時にサッとあけ
られる。カバーを取り外したまま首から下げることもできますし、レトロ調ではあるけれど、
ちゃんと機能性も備えていますよ。

 もし、F300EXRを買ってこのケースを迷っているのであれば、買ってもいいんじゃないか
と僕は思います。このカメラにはとてもよく似合うケースではないでしょうか?

     デジカメにありがちな雰囲気とは対極に位置するこのケース。

 ”バルナック”とか”M3”とか”コンタックス”とか・・・その辺にピンとくる人なら迷うことありま
せん。買うべき。 

FUJIFILM FinePix デジタルカメラ用ソフトケース ブラックSC-D20 F SC-D20BKFUJIFILM FinePix デジタルカメラ用ソフトケース ブラックSC-D20 F SC-D20BK
(2010/09/04)
富士フイルム

商品詳細を見る
 




↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
528位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。