趣味人パパのお気に召すまま

着の身着のまま雑記帳。お気に召したらお試しあれ。
スポンサードリンク

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*10*10 Mon
01:15

そもそも「ヘッドホンアンプ」って???#1


 ヘッドホンアンプの自作について週一で更新・・・する前に、そもそも「ヘッドホンアンプ」
ってなんぞや?って話ですよ。

 で、その前にまずはヘッドホン・イヤホンのことについて、簡単に書いておこうと思います。

 簡単にていうと、どこかしら上から目線を感じるかも知れませんが、詳しい話を説明する
自信が無いので"簡単に"で勘弁してください!ってとこです^^;


 さて、イヤホン・ヘッドホンですが、皆さんどうやって選びます?

 色・形・メーカー・スペック・・・

 そう!そのスペックについてのお話です。


 イヤホン・ヘッドホンのスペックって、箱の裏に書いてあるんですが、見たことありますか?

 「再生周波数帯域」だとか「感度」だとか「入力インピーダンス」だとか、こんなこと書いて
誰がわかるっちゅうんだっていう、ソレがスペック表になります。


 ここで注目して欲しいのが「入力インピーダンス」です。

 大抵、国産のイヤホンでしたら8Ωだとか16Ωと書いてあると思います。

 これは、交流に対する抵抗値になるのですが、その数字の大小がどうなのかということ
ですよね。


 簡単に言うと、入力インピーダンスが大きい物ほどノイズに強く、また繊細な表現が
出来るイヤホン。ヘッドホンであるといえます。

 小さいとその逆・・・なのですが、それ以上に入力インピーダンスの小さなイヤホン・ヘ
ッドホンはアンプ(増幅器)に負担をかけてしまうのです。


 オーディオの世界では「ハイ受けロー出し」って言葉があるんです。


 これは、オーディオ機器においては入力側はインピーダンスが高い方がよく、出力
側はインピーダンスが低い方が良いということを表した言葉です。

 言い換えれば入力インピーダンスは高く、出力インピーダンスは低くってことです。

 なぜか?

 音声信号を出力する機器(CDプレイヤーなど)に増幅する機器(アンプ)を接続する
場合を考えてみましょう。

 出力側にたいして入力される側(アンプ)の入力インピーダンスが十分に高い場合、
音声信号の電圧変化を伝える時に、電流はほとんど流入しません。

 [電圧]=[電流]×[抵抗]

 ですので、同じ電圧変化であれば、抵抗値が高ければ高いほど電流値は小さくて
済むのです。

 これにより、入力インピーダンスの高い機器は前段の機器の内部のノイズの影響
をあまり受けないのです。

 また、電流の流入量が少ないということは電力値が

 [電力]=[電圧]×[電流]

 であることから、より電力を必要としなくなるということです。

 出力機器側が例えばiPod等のポータブル機器であった場合、当然その扱える電力の
限界は低く、次に繋ぐ機器の入力インピーダンスが低いと絶えず高負荷を強いられる事
になってしまいます。

 その限界を超えれば出力する音声信号が歪んでしまいますし(いわゆるクリッピング)、
あまりにも・・・だと機器を破損することとなってしまいます。


 ここで、ピンと来た人は偉い!


 そうなんです。このことはiPodやWalkman等とイヤホン・ヘッドホンの間にも成立つ話
なんですよ。

 というわけで、「ポータブルヘッドホンアンプ」なるものが必要となってくるわけなんですね!


 ・・・というのは確かに理にかなった説明ではあるのですが、実は後付の理屈であると
認識すべきです。


 というのも、元々ヘッドホンアンプというものは入力インピーダンスの高いヘッドホンを駆動
するためにに使用するものだからです。

 音質を重視して設計されたヘッドホンの中には入力インピーダンスの異常に高い製品が
存在しており(中には600Ωなんてものも・・・)、そういったヘッドホンの場合はアンプ側に
それなりの駆動力が無いと音が出ないんですよ。


 例えばiPod等の貧弱なアンプ回路ですと60Ωを越えてくるとかなりボリュームを上げない
と音量が取れませんし、音量が取れたとしても限界ぎりぎりでヘッドホンを駆動している状態
ですので、お高いヘッドホンが宝の持ち腐れになってしまうのです。

 本来の性能やキャラクターを発揮できないのですよ。

 特にポータブル機器ではなくとも、一般的なアンプのヘッドホン出力は意外に貧弱な回路
となっていることが多く、オーディオ好きな方たちはヘッドホン用に専用の"それ相応の"アン
プを用意するんです。

 それが本来のヘッドホンアンプの有用性なのです。


 そして、僕が作っているポータブル用途のヘッドホンアンプというものも、本来はポータブ
ル機器では駆動出来ないようなヘッドホンを自宅以外でも楽しみたいという、そういったとこ
ろから発生してきたものです。

 じゃあなんでポータブルヘッドホンアンプなんてものが・・・

 という疑問が湧いてきますよね?

 だって、そんな高級ヘッドホンを使用・・・ましてや自宅以外でなんて、それほど需要が
あることだとは思えませんものね。

 そのわりに普及してるってのは、なんか変ですよね。


 そこにはやっぱり、「iPodの音質」というキーワードが登場します。

 iPodユーザーってのは(僕も含めて)そういうことをやらかすのが好きだし得意なんです。

 それが良いことか悪いことかは別として・・・


 とまあ、ちょっと長くなりましたので続きはまた明日^^)/

理解しながら作るヘッドホン・アンプ―FET差動増幅回路採用で低ひずみ/低ノイズを実現した (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)理解しながら作るヘッドホン・アンプ―FET差動増幅回路採用で低ひずみ/低ノイズを実現した (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)
(2010/04)
木村 哲

商品詳細を見る


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*

2011*10*05 Wed
02:09

ヘッドホンアンプの自作カテ・・・遂に始動か?!


  十月の終わりでこのブログを始めて゜一年になろうとしております。

 日ごろのご愛顧に感謝を込めて、大多数の方が興味ないであろうこのカテゴリーの
更新を再開したいと思います( ̄ー ̄;)/

 
 いや、最近イヤホンを新調しまして、ちょっと思っていたのと違っていたので何とか
後悔を喜びに変えようと四苦八苦していたんです(くだらない?男の子ですから)。

 そこで、やはりここはヘッドホンアンプにご登場願うしかないと。


 そもそも、このカテゴリーメインでやっていくつもりだったこのブログでアあるのに
更新が途絶えていたかといいますと、ヘッドホンアンプとiPodを繋ぐ、いわゆる

   「ドックケーブル」

ってのがあるんです。

 イヤホンジャックからではなくって、真ん中の充電する時やパソコンに繋ぐ時に使う
コネクターなんですが、ここから音を取り出さないといけない(ことは無いんですが)ん
ですよ。

 で、アンプと同様、貧乏人の僕はドックケーブルも自作して使っていたんですが、どう
もiPod touchには使えないことが判明しまして・・・

 原因を調べるのがめんどくて放置していた次第です^^;


 ですが、今回は新品イヤホンの元を取れるか取れないかの瀬戸際(?)であったので
頑張って調べましたよ。

 ・・・頑張るまでも無く、先人がたっくさんおりまして、すぐに解決しましたよ。


 で、だからといって今更なんで更新を再開しようと思ったかといいますと、ブロHももう
じき一周年を迎えるにあたり初心を・・・ってのはウソで、以前から検索で訪問くださる方
のなかに

 「自作ヘッドホンアンプ」

 ってキーワードで来て下さっている方がコンスタントにいたんですよ。


 で、せっかく来ていただいてあるのは最初の頃に書いた、写真だけ載った記事のみ・・・
ではあんまりなので(その記事の最後で「次回は・・・」とか書いちゃってるし)、そろそろ更
新しようかなと、そう思った次第です。


 そんなわけで週一ぐらいで素人が書く"電子工作散財記"みたいなのが登場しますが、
興味ない方はスルーで^^;

 ちなみにこのヘッドホンアンプってヤツ。特にポータブルになってくるともうオーディオ・オ
カルトとアナログ電子回路カオスの入り乱れたぐちゃぐちゃな世界なので、途中間違った
ことも書くと思いますが、許してね♪

 


↓ポチっと投票、おねがいしまーすっ<(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
*
プロフィール

TFRhi

Author:TFRhi
現在SLE(膠原病)と格闘しながら
気ままに生きるパパさんです。
最近クローン病にもなっちゃ
いました^^;
色々雑多に書いてます。
よろしければ上のカテゴリー
からどうぞ。
Linkフリーですが、連絡いただけると
嬉しいです。

☆自己紹介
※プライバシーポリシーについて

☆コメントいただけると喜びます☆

記事に書いたCD・絵本 etc.


上の”オススメの 音楽(CD)、 絵本、 書籍 いろいろ ♪♪” をクリックすると他に書いたの ものも見れます!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6732位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1280位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。